ピルの効用

 ピルは、避妊が目的でつくられましたが、ピルを飲むことで、体内のホルモンバランスがきちんと保たれるため、女性特有の様々な症状が改善される場合があります。これらを副効用とよんでいます。
 この副効用を目的としてピルを服用する女性も増えてきています。

 生理痛の軽減
 生理のたびに腰のあたりが重く痛む月経痛、月経痛がひどくて普通の生活ができなくなる月経困難症などが改善、軽減されることがよくあります。
 ピルを飲むようになると、子宮内膜がそれほど厚くならないため、月経血の量が減少します。このため、出産経験のない、狭い子宮頸管から押し出される月経血の量が減るため、痛みが少なくなります。また、月経血を押し出すために子宮を収縮させ、痛みの元になるホルモンのプロスタグランディンの量も減少するため痛みが少なくなります。

 生理の減少とコントロール
 月経血の量がかなり減るため、漏れの心配がなくなる、使用するナプキンの量が減り経済的にお得などの副効用があります。生理の量が多く、レバーのような固まりがたくさんでる過多月経の改善になります。月経血が少ないため、月経期間も短く、不快な日が少なくてすみます。ただし、ピルを飲み始めて最初の休薬期間では、生理の量が多くなり、逆になる場合があります。
 また、休薬期間中に生理が起こるので、ナプキンを忘れることもなく、大切な仕事や、旅行などの予定を組むこともできます。ピルでコントロールした生理なので周期も安定し、月経不順で悩まなくてすみます。大切な予定に生理が起こらないように、生理をずらすこともできます。ピルを処方してもらっている先生に相談してください。ほとんどの場合、可能ですよ。

 肌がきれいになる
 ピルのエストロゲンのはたらきにより、肌にうりおいやはりが出て、みずみずしくなってきます。
また、毛穴の皮脂腺が詰まるのを防ぐはたらきがあり、ニキビを防ぎます。長年にきびで悩み続けている人が、ピルですっかり改善したという声が良く聞かれます。
 逆に肌が乾燥したり、荒れたり、ニキビが増えたりする場合は、プロゲストーゲンの方が男性ホルモン的にはたらいてしまうからです。ピルが合っていないので、ピルを処方してもらっている先生に相談してピルを替えてもらってください。
 ただし、エストロゲンは、メラニン色素の沈着を促進し、シミをつくりやすくするので、紫外線対策をしっかりしておきます。

 月経前症候群PMSの改善
 PMSは、疲れやすくなったり、イライラしたり、体がむくんできたり、胸が張って痛くなったり、気分が憂鬱になったり、、肌が荒れニキビが増えたり、便秘になったり、頭痛・腰痛・腹痛になったり、と人それぞれにいろいろな不快な症状が起こることです。PMSは、生理後2週間くらいで起こる排卵の後、黄体ホルモンの分泌が始まるころに起こり、生理が始まるとなくなることが多いです。
 女性ホルモンのバランスが悪くなり、これが原因で生じると考えられています。ピルを飲み始めると、ホルモンのバランスが安定するため、PMSがかなり高い割合で改善されます。イライラがなくなるなど、多くの女性でPMSが改善されています。
 逆に、PMSが強くなった場合は、ピルが体にあってないと考えられます。ピルを処方してもらっている先生に相談してピルを替えてもらってください。

 子宮内膜症の改善
 子宮内膜症を根本的に治療するものではありませんが、症状が改善されます。子宮内膜は、その名前の通り、子宮の内壁組織を指します。これと同じ組織が、子宮の外側、卵巣や腹部に生じると、子宮以外で生理が起こります。その月経血が排泄されずにたまって、チョコレート嚢腫(のうしゅ)などの激しい生理痛を起こす症状が発生します。
 ピルを飲むようになると、ピルのはたらきにより、月経血の元になる子宮内膜が厚くなるのを抑えるので、子宮以外にある子宮内膜も厚くならず月経血の蓄積が減少し、激しい生理痛などの子宮内膜症が改善されます。

体のこと、もっと、知りたい方へ




ピルについて
ピルの効用
ピルの婦人病予防
ピルの飲み方
ピルの飲み忘れ
ピルが合わない人
ピルの副作用
ラブコスメ
↑悩み解消はこちら
お悩み解消グッズ
性器のかゆみ
生理痛改善サプリ
生理痛改善アロマ
妊娠検査薬
排卵検査薬
参考文献
リンク集
メール


ピルのおはなし

↑ピルのページで協力頂いているウミノ様の著書です。
トップ 女性生殖器 男性生殖器 生理 性感染症 低用量ピル 参考文献 メール サイトマップ