梅毒(ばいどく)

  梅毒(ばいどく)は、最近、男女とも感染者が増えてきています。梅毒は、日本でも昔から良く知られている性感染症の一つです。梅毒の病原菌はトレポネーマ・パリダムというウイルスで、セックスをしなくても、キスなどでも感染する感染力の強い感染症です。

 梅毒は、男女ともに、感染後約3週間位すると性器やその周りに赤くて固いしこりのような物ができ、その後潰瘍(かいよう)のようになります。放っておくとそのまま2週間ほどで潰瘍はなくなります。この段階で薬を飲み、治療をすれば、完全に治すことができます。(第1期)
 次に、3ヶ月ほどすると、リンパ液内へウイルスが増殖しリンパ液にのって体中にまわり、体全体に蚊に刺されたような赤い発疹(ほっしん)がたくさん現れます。この症状は消えたり再発したりと繰り返すことがあり、人によっては抜け毛が多くなります。(第2期)
 そして、3年ほどたつと、体の表面にゴムのようなぶよぶよした腫れ(はれ)が生じます。この頃になると、表面だけでなく体内の臓器にもこのような症状が生じています。(第3期)
 最後に、10年ほどたつと心臓などの循環器、脳などの神経系にもウイルスが大量に繁殖して、普通の生活が送れないような重症な障害が生じます。こうなると、薬などで治療しても治すことは困難になり、死亡する例も多くなります。(第4期)

 性感染症への感染予防にコンドームを利用しましょう。様々な種類のコンドームを紹介しています。→コンドーム

・梅毒の治療

 梅毒は早めに発見し治療すれば、薬で数ヶ月で治療できます。しかし、発見が遅れると、完治するまでに数年かかる場合もあります。重症になった場合は、治療できなくなり、障害が残ります。
 女性の場合、梅毒を完治せずに出産すると、胎盤を通して赤ちゃんにも梅毒が感染する場合があります。

 梅毒は、自然に治ることはありません。性病科や産婦人科、泌尿器科の先生に診てもらってください。治療に少し時間がかかりますが、根気よく続けてください。

 梅毒の画像検索です。生々しい画像ですので注意してください。→google画像検索 梅毒

体のこと、もっと、知りたい方へ




性感染症について
クラミジア
コンジローム
ヘルペス
淋病
梅毒
トリコモナス
カンジダ膣炎
HIV・AIDS・エイズ
ラブコスメ
↑悩み解消はこちら
お悩み解消グッズ
性器のかゆみ
生理痛改善サプリ
生理痛改善アロマ
妊娠検査薬
排卵検査薬
参考文献
リンク集
メール


ガールズガード
トップ 女性生殖器 男性生殖器 生理 性感染症 低用量ピル 参考文献 メール サイトマップ