おりものについて

おりものは、学問的には帯下(たいげ)といいます。おりものは、内性器の子宮、子宮頸管、膣などから常に分泌されている分泌液のことです。おりものは、健康な女性であれば誰にでもあるものです。おりものは、子宮や膣から流れ出てくるので、内部の老廃物などが一緒に流れ出て内性器をいつも清潔に保つことができます。また、膣内への細菌などの侵入を防いでもいます。

・おりものの色

 おりものの色は、健康であれば透明か少し白みがかっている程度で、月経周期にあわせて、水のようにさらさらしていたり、卵の白身のようにどろっとした粘りけのある状態になります。下着について乾燥すると、黄色に変色します。下着を汚すのが嫌な人や量が多めで気になる人のために、おりもの用のナプキンもあります。

・おりものの臭い

 おりものの臭いは、健康であればほとんどありませんが、一般的に甘酸っぱい臭いがします。ダイエットなどによる栄養不良、病気などでの体調不良の時には、膣の自浄作用が弱まり臭いが強くなることがあります。30代後半くらいになると少し臭いが強くなってきます。しかし、よほど気にしていても、日常生活で他人の臭いはわかりません。おりものの臭いを気にしすぎる必要はありません。

 性器からの特有な臭い、性器の黒ずみが気になる方へ→黒ずみ・においの悩み

・おりものの量

 おりものの量は、外性器が少し湿っている程度から、下着について下着にシミができるなど人ぞれぞれです。一般的に、排卵の時期になると、量が増え、ドロッとしてヌルヌルした粘りけの強いおりものになります。これは、セックスするとき 、男性の陰茎を膣に挿入しやすい状態にすると同時に、いつもは酸性の膣内をアルカリ性に変化させ、酸性ではすぐに弱ってしまう精子の生存を助け、妊娠しやすい状態にしています。
 月経周期に合わせて、排卵期に増加し生理が近づくと徐々に少なくなります。10代後半から30代では量が多く40代くらいから徐々に量は減っていきます。
 妊娠すると、妊娠を維持し、赤ちゃんを成長させるためにたくさんのホルモンが分泌されます。このため、おりものの量もかなり増加します。おりものがたくさん流れ出ることは、赤ちゃんのいる子宮内へ細菌が入らないように膣などをきれいに洗い流すようなはたらきもあります。

 私も使っている生理用のショーツです。かわいくてお気に入りです。→サニタリーショーツ「プチ漏れ」

・おりものの異常


 おりものは、健康であれば、透明か少し白みがかっている程度ですが、病気になったり体に異常が起こるとおりものが変化してきます。

・白く、粉チーズのようにポロポロとした物が混じり、膣内に激しいかゆみがある。

 白く、粉チーズのようにポロポロとした物が混じり、膣の中に激しいかゆみを伴う場合は、カンジタ膣炎の疑いがあります。かゆくてかきむしると、炎症がひどくなり、ただれたりはれたりしてより悪化させ、性器の黒ずみの原因にもなります。特別な臭いはほとんどありません。
 カンジダ膣炎は、カンジタ・アルビカンスというカビが原因です。普通に空気中にあるカビなので、セックスをしなくても誰でも感染する可能性があります。健康な状態であればまず感染しませんが、ストレスや疲労などで体が弱っているときは、膣内を清潔に保っているデーテルライン桿菌の自浄作用が弱くなっているために感染しやすくなります。小学生前の子どもでも感染します。
 カンジダ膣炎用の薬を利用して治療します。外性器を洗浄シートなどできれいに拭いて、ビデなどで軽く膣内を洗浄して、カンジダ用の膣剤とよばれる錠剤を膣内に入れたり、クリームを塗ります。市販の薬で治らない場合は、婦人科で診てもらってください。

・黄色で少し生臭いにおいがあり、性器がかぶれている。

 黄色で少し生臭いにおいがある場合は、細菌性の膣炎の疑いがあります。下着を数日間替えなかったり、タンポンを長時間入れっぱなしにしていたりすると、細菌が繁殖して起こります。清潔にしておくように心がけておくことが大切です。うんちのときは、前から後ろに拭くようにして、大腸菌などの侵入を防ぐようにしましょう。ビデなどで膣内を洗浄すると治ることが多いです。
 膣内洗浄用のビデを詳しく説明→膣洗浄について

・濃い黄色に緑や茶色っぽい物が混ざり、膣内に非常に強いかゆみがある。

 濃い黄色に緑や茶色っぽい物が混ざり、非常に強いかゆみがある場合は、トリコモナス膣炎の疑いがあります。膣から小陰唇大陰唇とかぶれもひどく、歩くときにすれてヒリヒリ痛くしみるようになります。おりものにわずかな血液が混ざったり、生臭い臭いがするようになります。
 ほとんどの場合、セックスによる感染です。膣、子宮から卵管、卵巣、内臓へ、膀胱へと感染がどんどん進んでいき、不妊症の原因にもなります。気になったらすぐに婦人科で診てもらってください。セックスをしている男性にも感染している可能性が高いので一緒に診てもらってください。
 市販されている薬で、カンジダ膣炎と同様に薬で治療することもできます。

・黄色や白色のどろりとした膿(うみ)状のおりものが出る。

 ケガが化膿したときに出るウミのようなおりものの場合は、淋病などの性感染症に感染している疑いがあります。セックスによる感染が原因です。感染力が強く、治療も長期間かかります。体中に細菌が繁殖すると、激しい腹痛、発熱が起こり、不妊症の原因、ときには命が危険になる場合もあります。すぐに婦人科で診てもらってください。

・おりものの量や臭いが気になり、改善したい方へ。

 いつもと違うおりものが出てきたときや、セックスの後おりものに変化が見られるときは、様子を見て婦人科のお医者さんに診てもらうことをお勧めします。
 普段からおりものの量や臭いが気になるのであれば、以下のリンク先のような商品もあります。下着の汚れや臭いも改善されるようです。体験談は必見!→ おりものの悩み

体のこと、もっと、知りたい方へ




生理について
生理のしくみ1
生理のしくみ2
生理のしくみ3
初経
月経周期・不順
基礎体温について
基礎体温の測り方
基礎体温表
婦人用体温計
月経血
不正出血
月経前症候群
生理痛について
生理痛への対処
おりもの
ナプキン
ラブコスメ
↑悩み解消はこちら
お悩み解消グッズ
性器のかゆみ
生理痛改善サプリ
生理痛改善アロマ
妊娠検査薬
排卵検査薬
参考文献
リンク集
メール


「せのつくはなし」生理
トップ 女性生殖器 男性生殖器 生理 性感染症 低用量ピル 参考文献 メール サイトマップ