卵管(らんかん)


 卵管は、子宮の左右にあり、長さ10〜12cmで鉛筆の芯くらいの細長い管状(くだじょう)の器官です。卵管には、卵巣(らんそう)付近で管の太さが大きくなった卵管膨大部(ぼうだいぶ)、先端はラッパのような形をした卵管采(らんかんさい)が開いています。卵管内は、内壁から分泌される分泌液で満たされています。

・卵管のはたらき

 卵管のはたらきは、卵巣から排卵(はいらん)された卵子(らんし)を子宮(しきゅう)へ運ぶことです。
卵管の先端部分の卵管采は排卵された卵子を取り込みやすくなるように広がっています。取り込まれた卵子は、卵管の内壁にある繊毛(せんもう)のはたらきにより子宮の方へ運ばれます。繊毛はいつも子宮の方へ卵子を運ぶように動き続けています。
 卵管の中を卵子が運ばれている間に、子宮から移動してくる精子(せいし)と受精(じゅせい)すると受精卵になります。受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら、卵管の中を繊毛のはたらきで子宮の方へと運ばれ、子宮内膜へ着床(ちゃくしょう)します。

体のこと、もっと、知りたい方へ




女性外生殖器
女性内生殖器
大陰唇
小陰唇
膣前庭
陰核
処女膜
子宮
卵管
卵巣
ラブコスメ
↑悩み解消はこちら
お悩み解消グッズ
性器のかゆみ
生理痛改善サプリ
生理痛改善アロマ
妊娠検査薬
排卵検査薬
参考文献
リンク集
メール


徹底図解!「女」のからだ
トップ 女性生殖器 男性生殖器 生理 性感染症 低用量ピル 参考文献 メール サイトマップ